ネットやリアルの今を取り上げるニュースタイムメディア

ネットニュースタイム

スマホアプリ

せどり転売で稼ぐにはメンターは必要なの?高額塾スクールに入るべき?

投稿日:

メルカリやヤフオクなどのフリマアプリを利用して「せどり転売」で稼ぐためにはよくメンターを見つけてマンツーマンで教わってアドバイスを受けられるというのが、よく聞く話ですよね。

でも、思うんですよ。

こんなコロナ化のなかでリアル対面でマンツーマンでメンターにコンサルティングを受けなければそもそもせどり転売で稼ぐことはできないのか?

結論から申し上げますと、すでに実績のあるメンターからのコンサルで質の高いインプットをマンツーマンで店舗仕入れしながら教えてもらえる環境に自己投資することでせどり転売で稼ぐことは可能です。

しかしながら、このご時世です。

無料で「価値のある情報」など「Twitter」や「YouTube」など見ることで、

ごろごろ価値のある情報をインプットできちゃいます。

ようするに、せどり転売などは一人で無料で情報を探りながら実践していくなかでも普通に稼ぐことができます。

なかには「一生あなたのコンサルティングをしていきたい」

といったメンタービジネスをされている方もいるんですよね。

僕からしたら

「おいおい冗談じゃないよ」

と思うわけで。

一生メンターとやらにコンサルティング料を

一生払い続けるなんぞ、まっぴらごめんだよ、

と。

あなたもそう思いませんか?

少なくとも僕はそう思います。

ただし、メンターではないんだけれども、まだネットビジネス、せどり転売などで少しは自己流で稼げたもののなんだかいまひとつ、パッとしない。

これから先、より今よりビジネスを拡大できる気がしないといったそのときに、

メンターとまではいかないんだけれども、

その「ビジネス発展のきっかけを与えてくれる人」に出会うことで、

さらにビジネスが加速するということはあります。

そして、だいたいそのような「ビジネス発展のきっかけを与えてくれる人」というのはひっそりと目立つこともなく活動している方が多いんです。

実際に僕もメンターという人はいないのですが「ビジネス発展のきっかけを与えてくれる人」は、近すぎず遠すぎずの関係性を築きながら必要なときはアドバイスをもらったりときにはコンテンツ教材など購入したりだとかすることもあるにはあります。

フラットでよい関係性を築くことが大事なんですよね。

一番危ないのは「依存体質」になることがやっかいです。

これが師匠と弟子のような関係性になると時には争いなどに発展するようなことにもなりかねないのです。

そりゃそうですよね。

師匠メンターは弟子に対して、

「これが出来ましたね?じゃあ次はこれに着手してください」

「こちらも出来ましたか?よく頑張りましたね」

「では、さらにこちらにチャレンジしてください」

メンター師匠は何年も何年も

そのお弟子さんからコンサル料金として

報酬を取り続けることができるわけです。

もちろんそれは「悪」だとかいいたいわけではないです。

実際にコンサルティングを受けて質の高い知識を得られるなかで稼げるようになる人だっておられます。

そしてそのメンターからマンツーマンで、

取り足取りノウハウを教わりそのつど間違っている部分があればその都度指摘してもらいながら稼げる環境を手に入れることもできるでしょう。

しかしながら、本当に稼ぐ人というのはメンターの情報にあまり頼らずに、まずは実践のなかで気づきを自分自身で見つけながら進んでいるタイプの方です。

その実践を通じたなかでビジネス全体の流れに気づくことができれば、

さほどメンターの情報というのも重要ではなくなるのも事実なのです。

もっといえば、メンターの情報がもう自分にとって必要なくなったという時期になったときに、すでに、メンターから離れたくても離れられない状況になる方が

よっぽど怖いしビジネスとしてとられても

不安定な状況に見舞われることのほうが長期的な視点で観た場合、

一番「危険」と言わざる負えません。

あなたは、今どのような「状況」ですか?

スポンサーリンク



せどり(転売)ビジネスで稼ぐために高額塾スクールに入るべきなのか?

それでは続いてここではビジネスで稼ぐために高額塾スクールに入るべきなのか?

といった内容でお送りしてみます。

結論から言うと、ビジネスで稼ぐために高額塾や高額スクールに入っても、あなたにとっては「1円」にもならないという事実です。

もしあなたが、すでになんらかのビジネスでの実績があり、高額塾や高額スクールに入り、新しいなにかを学びたいといった、そのような場合であっても状況であっても、そこまでの「価値」があるかどうかは、はなはだ「疑問」です。

僕自身の話でいえば、過去に何度か高額塾や高額スクールに入った経験があります。

しかしながら、その高額塾や高額スクールで何かを学ぼうとしているよりも塾のなかで自分自身が情報発信している方のほうが、

より稼いでいたし、事実僕も塾が提供しているコンテンツがありそれを自分自身のメルマガでアフィリエイトしたい。

そして塾のなかでの情報発信力を高めたいといった狙いで入塾しました。

結論からいうと、その塾が提供している「サイト作成ツール」を自分自身のメルマガで紹介して、その塾のなかで売り上げ「1位」をとりました。

1つの「サイト作成ツール」をメルマガで紹介しただけで30万円以上のアフィリエイト報酬をいただきました。

そして今度はその「高額塾スクール」そのものを自分自身のメルマガで紹介して、そこでもアフィリエイト報酬を数十万いただきました。

すでにその塾のなかで実績を上げているわけなので、その塾も紹介しやすいわけです。

それから塾を運営されている方に「次回の塾のセミナー講師をしていただきたい」とお話しをいただき

「ちょっと東京まで遠いので・・・」

「交通費も旅費もお出しいたしますので」

と、そこまで言われると、

「うーん、そこまでおっしゃるならば、わかりました」と僕も了解。

で、何が言いたいのかというと、高額塾や高額スクールに入って、何かを学ぼうとするよりも

その高額塾や高額スクールを言葉は悪いかもしれませんが、

その塾やスクールそのものを「利用してやろう」ぐらいの気持ちが大切、というより

そのぐらいの気持ちで入塾しないと

「結果」や「成果」が出せないんじゃないのでは?

というのが僕自身のこれまでの経験のなかからの見解です。

なので、高額塾や高額スクールに入っても意味がないとまで言いません。

否定も肯定もしません。

なぜなら、否定したってまるで意味がないことでありますし、

高額塾に絶対に入るべきだーとも思っていないのも事実だからです。

しいていえば、せどり転売でもアフィリエイトでもコンテンツ販売ビジネスでもなんでもいえるのですが、はじめは高額塾や高額スクールに入るよりも、

ブックオクでもアマゾンマーケットプレイスの中古本でもいいのでかたっぱしから、いろんなジャンルの書籍を購入して、その書籍から自分自身の情報発信のアイデアやヒントを得て、まず自分自身で情報発信してみることをおすすめします。

もちろん自分自身の「我流」でビジネスをやることで失敗や成功までの道筋に時間がかかるかもしれませんが、

「我流」でビジネスをスタートさせることで、依存体質にならずにビジネス展開できるようになります。

もちろんビジネスにおいて自己投資が必要なことぐらいは僕自身もわかっているつもりです。

でも、その自己投資を高額塾や高額スクールに自己投資するよりもはじめは、有益な書籍。

もしくはあなた自身の好きな趣味のジャンルや、もしくは困っている悩み事のあるジャンルの書籍などからビジネス展開させていくほうが結果的に、自分だけのビジネスフィールドが広がるのです。

ということで今回は以上です。





-スマホアプリ

Copyright© ネットニュースタイム , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.