プリウスはマイナーチェンジしてから売れ行きが好調した?乗ってみたい理由!!

私がこれから乗ってみたい車は、プリウスです。

男性(26歳)

内装が高級感あり、走りが安定していて、内装を改造する際に、様々なパーツを取り換えて自分好みの内装にカスタムしていきたい。

また、プリウスはやはり外観もこだわっていて、シックな感じで街を走っていても、恥ずかしくない。エンジン音も煩すぎず、周りの環境に配慮できていると思う。

年配の方が乗っているイメージが強いが、今では若者も所有者が多く、遠出などするときも、安心できる。また、フルカスタム装備の場合、かなり上質な仕上がりなので、走りの楽しさが良くわかる。ドライブを楽しみたい人は、プリウスを乗ればほかの車が乗れないほど快適だということが良くわかるはずだ。




SPONSORED LINK

そのような理由から、これから乗ってみたい車はプリウスである。

もっとも好きだと思うのが、見た目である。かっこよく仕上がっていて、見ただけで高級感があふれ出ている。

また、友達にプリウスに乗っていることを伝えるだけで、一目置かれるのも、この車が好きな理由だ。また、顔もいかつすぎないので、乗っていても気にならないですし、清潔感ある車であると思う。彼女をプリウスに乗せて、一緒にドライブ出来たら、最高に嬉しい。

乗ってみたい理由としては、安全機能が優れていることだ、急発進や急ブレーキの抑制機能も体験してみたい。夜にドライブで夜景を見に行ったりするときでも、その高級感から、夜景映えしそうであるし、やはり出来る男という感じが出ていてとてもいいと思う。

誰かと一緒に乗ることを考えればプリウスである。

男性(35歳)

今は、ダイハツのミラに乗っているのですが、これから買い換えて乗ってみたい車はトヨタ自動車のプリウスです。今では一般的になっていますが、トヨタ自動車がプリウスを発表した時は、「どんな車なんだろう?」と不思議な感覚になりました。

「電気自動車なのでしょうか、ガソリンエンジン自動車なのでしょうか?」って感覚ですね。そして、私自身は運転することはなかったのですが、学生時代のバイト先の営業車が2代目プリウスだったので、助手席に同乗してみたら、静かな音に驚きました。

今でも2代目プリウスを見ると、学生時代のことを思い出すようなことがあります。初代モデルから、今のモデルに比べてだんだんと流線型のようなデザインが強くなってきて、今のモデルはまるで新幹線みたいです。

私自身、プリウスのどのグレードに乗ってみたいかといいますと「GR SPORT PRIUS PHV」でしょうか。今年は、このプリウスをベースにしたレーシングカーがスーパーGTに出場するので、活躍を期待しています。

そのレーシングカーの影響でしょうか、とてもスポーティーな走りを楽しめそうな印象を持てます。山道を颯爽と走る姿にあこがれてきます。

また、
・1リッターあたり37キロという低燃費
・スポーティーな流線型デザイン
・電気自動車としても走ることができる
・ロングドライブにもストレスなく利用できる
といった点が魅力的です。

タクシー車両として利用されることもあるので、自動車自体の利便性や耐久性も高くなっていることでしょう!




SPONSORED LINK

フォローする