山形県上山市かみのやま温泉老舗旅館「古窯」展望露天風呂、料理、感想、口コミ

かみのやま温泉の露天風呂や料理の感想体験など書きます。

女性(40歳)

ワインの郷としても有名な、山形県上山市のかみのやま温泉にある老舗旅館「古窯」に、2017年の春、一泊二日で家族旅行へ行きました。

父の怪我の快気祝いを兼ねた旅行だったのですが、芸能人も数多く宿泊したということでも有名な温泉宿で、ずっと泊まってみたかったという母の希望もありこちらの宿を選びました。

ゴールデンウィークより少し前の平日を予定していたのでさほど混んでいないだろうと直前に予約を取ったのですが、空室がほとんどなく焦りました。

当日は隣県からでしたので、交代で運転しながらのドライブ旅行でしたが、狭くて入り組んでいるなどの道も、渋滞もありませんでした。

ただ、我が家の車にカーナビがなかったのと、宿の入り口から駐車場との距離が若干あるのとで近くまで行ってから若干道に迷ってしまいました。




SPONSORED LINK

かみのやま温泉老舗旅館「古窯」で一番印象的だったのが、宿の最上階にある展望露天風呂からの長めです。

男女入替制のため女性は朝4時から利用可能なのですが、天気も大変良かったので朝日に照らされた萌黄色の山々や桜を眺めが素晴らしく、母とじっくり浸かることができ大変思い出に残りました。

部屋は予約がギリギリだったため眺めはイマイチでしたが広い部屋を用意していただき、夕朝とも部屋食で家族水入らずで楽しめがのがとても良かったです。夕食の山形牛の鉄板焼きが特に美味しく、2食ともボリュームたっぷりでした。

古窯という宿の名前は、約1300年前の奈良時代の窯跡が敷地内から発掘されたことに由来しているのですが、その窯跡が館内から眺められるだけでなく、窯にちなんで楽焼き体験ができるほか、著名人が焼いた作品がずらりと館内に展示されています。

今回は父が久々の遠出でしたので特に観光などは計画せず、旅館内でその作品をじっくり眺めたり、山形の特産品が揃った広いお土産コーナーで、試食したりお土産を選んだりしてゆっくり過ごしたのですが、館内だけでも充分楽しめました。

帰りにはお見送りのスタッフさんから花笠を借りて記念撮影し、宿の目の前にある菓子工房で、デザートとして出されて大変美味しかった古窯窯プリンを買い、最後まで大変満足の旅行になりました。

女性(25歳)

東北出身なのでたくさん温泉に入って来たのですが、最近は作並温泉と岳温泉、かみのやま温泉に行ってきました。

かみのやま温泉はしばらく前なのですが、2017年の冬にバイト先の卒業旅行で訪れました。大学生の時です。山形に住んでおり上山に行き慣れていたので、全員で電車に乗り向かいました。

ホテルの名前は忘れてしまったのですが、かみのやま温泉はどこも食事が美味しいのでおススメです。古窯や月岡ホテルも私は好きです。

作並温泉は2018年冬頃、母親と仙山線に乗って、親孝行のつもりで訪れました。「ゆづくしsalon 一の坊」です。

岳温泉は2019年冬頃、吹雪で福島の旅行がなくなってしまったため、急遽車を向けました。高台にある「ながめの宿 光雲閣」に行き、お風呂に入って来ました。

かみのやま温泉ではホテル内に温泉卵づくりの施設があり、全員で作って食べた記憶があります。学生でしたので全員ができるアクティビティはとても楽しかった思い出があります。食事は掛け値無しに美味しく、そのあと売店で購入したお酒を飲みました。

作並ではお風呂が綺麗で気持ちよく、またロビーにマッサージやオセロなどがおしゃれに設置してあるためお風呂上がりに遊んで楽しみました。外の景色も綺麗だったので、かなり気分転換になりました。

岳温泉の日は吹雪だったのですが、その分屋根の下の露天風呂が気持ちよかったです。温泉の入り口に飲泉の綺麗な場所があり、そのささやかなライトアップを見ながらコーヒー牛乳を飲みました。旦那といったので、デートがてらまた行きたいと思います。




SPONSORED LINK

フォローする