今、太っているので痩せて見える服がほしい~ぽっちゃり着やせコーデ特集

今、太っているので、とにかく痩せて見える服がいいです。

女性(55歳)

足は意外に細いのでその足の細さを生かして、全体的に痩せて見える服がいいです。シンプルで長く着られて自分の体にしっくりとくるものがいいです。できればプチプラのものがいいです。

今から少しずつ暑くなるので、生地もさらっと手触りの良いものがいいです。できれば、年齢と共に体形も変わってくると思うので、自分で簡単に手直しができるものがいいです。自分しか着られないような生地やデザインがいいです。

この世の中に私しか着ていないというようなとても特殊で売っていないものがいいです。そうすることによって、体形が変わるごとに少しずつ自分の体形に合わせて手直しし、たとえば襟が黄ばんできたならそこだけを同じ素材の少し違う色に変えるとか丈が合わないなら少し短くするとかレースをつけるとかです。

55歳と言う年齢になり、人と同じでないものが着たくなったからです。世の中にありふれているものではなく、これから成熟していくであろう自分の人生の集大成としての洋服と言う観点からです。もっとそういう大人が増え、若者がああいう大人になりたいもっと自由に行きたいと思えるとような手本になりたいからです。

日本人ももっと自由になってよいともいます。その中には色々なことも学んで責任も取る覚悟で臨む大人になりたいです。高齢化社会という言葉が最近ほど身に染みる時代はありません。

90代の方が本当に増えました。近隣の大人がもっと自分に自信を持ち、自分らしく堂々と年を重ねたら、どれだけ生きやすくなることかと考えます。だから服も自分の生き方そのものなのです。

太っている方も、痩せようという意識ばかりに目を向けがちですが、考えようによっては、痩せるように見える服を着ることによって、変幻自在になることも可能になるわけですよ。

あるときはぽっちゃり体型。またあるときは一見やせ形。

そしてその実態は・・・単なる太っている中年女性というね、これを悲しい話するか、または楽観的にな話とするかはすべては自分次第なのです。




SPONSORED LINK

太ってる人が痩せて見える服のコーディネートは色にその謎がございます。

今、好きというか、多い服装は、ワイドパンツやガウチョパンツのコーディネートが多いです。トップスに、ボーダーカットソーやブラウスなどを合わせたりしています。

あとは、レギンスやスキニーパンツと、トップスにチュニックなどを合わせたスタイルも多いです。いつもこの2つのコーディネートを交互に着ています。

そして色ですが、基本的に黒をベースにすることにより、大人っぽさと相手に印象づけることが可能になります。

それにまた、黒を基調にすることにより太っているラインが見えにくいという点が大きなキーポイントとなりますので、若いぽっちゃり体型の方も黒という色の服をベースにコーディネートされることをおすすめします。

なので、これからあたたかくなってくるので、シャツワンピや、ふんわりとしたマキシワンピースなど、ワンピーススタイルや、レース素材の淡い色のスカートやトップスといった、ちょっとキレイ系のコーディネートをしてみたいと思っています。

ワンピーススタイルは、まず着ることがないので、今年はぜひ挑戦してみたいと思っています。

ただし全てのの色が黒という色になりますと、これまたかなりよろしくありません。黒っぽさのなかにも例えばバッグは赤にするとか。胸のペンダントを大きめのキラリとした金色にするなど。

なるべく太っている体型から目を逸らさせることを、たとえば手品の世界ではミスディレクションといって、相手から誘導的に目を向けさせたい方向へ誘導していくという技術。こうした視点もぜひともとりいれてほしいと思います。

ワイドパンツやガウチョパンツは、まず体型を隠すため、着ることが多いです。チュニックブラウスも、下半身、いや、全体的にぽっちゃり体型なので、お尻を隠すためのコーディネートが多くなってしまいます。

それに動きやすさも大切な要素です。好きな服というよりは、動きやすさに重点を置いてのコーディネートが多くなってしまいます。

なので、普段着ることのない、スカートスタイルやワンピーススタイルを着てみたいと思っています。ロングのAラインのスカートや、ふんわりとしたマキシワンピースなどを着て、お花見などに出かけるてみたいと思います。

スカートやワンピースの裾が風に揺られていると、普段見せることのない女性らしさが見せられるかなと思っています。

女性(47歳)

ピタピタしたモノは着たくありません。フンワリしたラインが好きです。デニムにしろ今まではピタピタがありましたが、もう飽きたかな。フンワリしているけど、袋みたいな感じではない太っていたも似合うワンピースが着たいです。

ちょっと高めの位置でウェストマークがしてある様なデザイン。ウェストマークの無いシャツワンピースも目新しさがありません。キチンとウェストはマークしてあるモノが欲しいです。

スカート丈は膝より長め。女性らしいラインで。気持ちクラシックなデザインが好みです。その上にカーディガンを羽織り季節に合わせて着てみたいです。ありそうでなかなか見つからなくていつも苦戦しています。素材はポリエステル100%ではなく、綿も混ぜたポリエステルで。しわになりにくく扱いやすいからです。

元より可愛らしいモノが好きで着ていました。カネコイサオを着ていました。さすがに40をも前になって来ると無理でした。少しずつ痩せにくい年代となりました。

なのでシンプルな生地、無地の生地で形が可愛らしいワンピースを探していますけど未だ納得いくものに出会えておりません。可愛いデザインと申しましてもリボンが付いていたりはNGです。あと太り体型が隠せるデザインですね。

まああくまでもラインで可愛らしさを取り入れたいです。色々と着てみた結果、ワンピースはクラシックなデザインが一番だと行きつきました。前を開けて羽織れる様なワンピースでは無くオーソドクッスなワンピース。

その形ならば年齢が上がっても太っていても不自然ではなく着る事が出来ます。カネコイサオも基本は同じ形のワンピースが多かったです。素材はポリ100%ではいモノが好ましいです。

女性(42歳)

私がすきな服は、すっきりとした清潔感のある服装です。結婚して出産して、主婦となり子育てに忙しいときは自分の服なんて興味がなかったのですが、最近子供も成長して一人の時間ができるようになったのでおしゃれをしたいと思っているのです。

できるだけ、年相応の上品な感じがいいなと思っています。そして太り気味の体型にも似合う服装がベストです。

今思い起こせば10代や20代のころは、自分でためたアルバイト代はすべて服にあてていました。おしゃれがすきだったんだなと思います。

今、40代となり回りの主婦の方達は、年をとるごとにあきらめなのか服装もなんでもよくなっているように思えるのでだらしないかっこは嫌だなと思いました。

落ち着いた色合いをいれるとどうしても黒やグレー茶色になりますね。その中でバランスをとって白もいれていきたいと思いっています。

なぜ、黒や白やグレー、茶色が好きなのかというと自分が年を取っている顔と合う色合いだと思ったからです。昔は、赤やピンク、黄色など明るい派手な色合いのニットやシャツなどを愛用していましたが、40代になるとそうもいかなくなるのです。

若いころは、誰かにみられることを意識して流行りの服装を好んでいましたが、今は自分が納得するような落ち着いた雰囲気の服装が好きです。

シンプルなシャツにパンツ、あとはデニムのロングスカートにチェックのシャツやトレーナーときていたりもします。

ズボンは、足の太さが気になるというか、わかっていまうのでできるだけ足首だけみせてすっきりさせるように工夫しています。あと、服装に合わせてピアスもしています。

女性(49歳)

専業主婦で家で時間を過ごすことが多いですが、家事、掃除、洗濯をする時でも、買い物に出かける時でも、ゆったりとした、動きやすく、シンプルな服を着るように心がけています。

やはり若いときより太ってきましたのでゆったりした服がいいですね。

日頃はジーンズに首周りが広く開いたTシャツ、そして温度調節が簡単に出来る、ふわっとしたカーデガンの組み合わせの服を好んで着ます。

作業がしやすいように手首のところが閉まっていたり、七分袖が動きやすいです。今着てみたい服は、ウエスト辺りがシンプルなデザインの7分丈の無地のキュロットスカート。

それに合わせて、ウエストが隠れるくらいの丈の柄やシンプルなデザインのコットン又は、ナイロンのトップの組み合わせの服を定番に出来たら、日々気分が穏やかに過ごせるのではと思っています。

専業主婦は、あまり褒められることがなく、家が仕事場になる為、家の中を歩くたびに、何かやらなくてはいけない事に遭遇することばかりです。

動きやすく、ホッと出来る服をきていると、少しの瞬間でもポジティブでいられる事が多いからです。ぽっちゃりしたねぇなんていじられることもありますがもうこの歳になるとたいした気にもしません。

ホッと一息コーヒーを飲みながら、休憩する時、心地の良い、おしゃれな服を着ているだけで、疲れを感じにくくなったり、気晴らしに外に散歩やショッピングにも行き安く、精神安定上、とても大事なことで、少しお金がかかっても大切にしたい事です。

とにかく動きやすい服は、毎日の家事がはかどり、やる気が出て来たりする時には、お金をセーブする事も出来、効率がよく、時間を有意義にも使える事が多いと実感しています。

家にいると一日話をしない事も多いのですが、心地よい服が気分を変えてくれるからです。それと痩せることを諦めてはいないのですが、どうしても痩せることよりも痩せてみえるような服装を選ぶ自分がとてもはがゆいです。それでもそれも人生ですよね・・とこれも言い訳ですね。笑




SPONSORED LINK

フォローする