毛穴ケアエステ対策は自宅でスキンケア商品を使用するだけで大丈夫?

毛穴のエステやケア対策といっても何をどうすればいいのか迷っている方へ!!

女性(33歳)

私の肌の悩みは、年を重ねるにつれて毛穴が目立ってきたことです。特に、鼻周りと頬骨辺りの毛穴の開き、鼻の黒ずみがひどく、一般的に言われているブツブツの「いちご鼻」に悩んでいました。

歳を取りたくはないのですが、人は必ずや年齢を重ねていく生き物です。それにともなって年々と肌の衰えは仕方ないという。それでもそこで諦めたらなにもかもおしまいです。

年齢による様々な身体上での衰えは肌や毛穴に限らずに一気に来るものなのです。そこでお肌や毛穴ケアに関して私と同じような悩みを抱えている方々へ少しでも有益な情報を送れるように今回のスキンケア企画をさせていただく運びとなりました。

自宅でスキンケアするだけでも毛穴エステは可能なのか?それにむけて解決するために次の3つの方法を試してみました。




SPONSORED LINK

毛穴エステ対策に関する悩みやケア解決方法などを皆で話しあってみよう!!

まず1つ目はまず鼻を熱湯に浸したタオルで覆い、毛穴を開かせます。その後、毛穴パックを試し、無理やり鼻に詰まった角栓を引き抜く方法を試してみました。なかなか除去できないときは毛抜き用のピンセットで鼻をガリガリこすってみたり、角栓をつまんで抜いていました。

2つ目は、インターネットで調べたのですが、入浴する際にオロナインを鼻全体に塗り、約10分から20分間放置した後に洗い流すという方法を試しました。

3つ目は、エステに通いプロの手を借りて吸引してもらいました。

1つ目の毛穴パック方法は、パックを剥がしたときはパック表面にこびりついた角栓が大量に見え、鼻自体もスカスカする爽快感を味わえたので鼻の黒ずみも除去できている気でいました。

しかし、数年間繰り返しているとかえって黒ずみが目立ってきた気がします。また、パックでの肌のかぶれ、ピンセットで傷つけてしまったせいか鼻の乾燥が激しく、保湿が欠かせなくなってしまいました。

2つ目のオロナイン方法は、試した直後は鼻の黒ずみが除去され、黒色が薄くなりました。しかし、数日後に少し黒ずみが増えていることに気がつきました。

3つ目のエステ通い方法は、クレンジング、フェイシャルエステと一緒になったコースを試しましたが、顔全体の肌の調子は良くなった気がしましたが、1回では鼻の黒ずみは除去されませんでした。失敗談しかなく、いまだに良いセルフケアを探しています。

そのなかでも最近これはよいと思えるスキンケア商品に出会うことができました。それがビーグレンというスキンケアアイテムです。こちらのスキンケア商品は自宅でばっちりと毛穴エステ対策ができる優れものです。ぜひお肌や毛穴対策に悩んでいる方へ試してみていただきたいアイテムのひとつになります。

女性(36歳)

悩み①:若い頃から悩んでいる鼻の毛穴のつまりに対しては、ビオレの鼻パックを使用し、その後保冷剤などで冷やし毛穴を引き締める、ということを試しました。

悩み②:乾燥がひどく、化粧ノリが悪くなったと感じる冬には、化粧水を肌になじませ、手で顔全体を覆い浸透させる。これを4回ほど繰り返し、その後、乳液もしくはクリームを塗り、フタをしました。

悩み③:35歳の春頃から今までにはなかった、慢性的な湿疹に悩まされ、弱酸性水での洗顔、漢方薬、サプリメント、皮膚科で処方されたアトピー用の薬を試しました。

悩み④:年齢的にくすみや毛穴のたるみも気になっていたのですが、ダイエット目的も含め、糖質&脂質オフ、食物繊維中心の食事制限、1日3リットルを目標とした水分摂取、週2回のパーソナルジムでの筋力トレーニングを同時に行いました。

結果①:ビオレの鼻パックは、使用後はゴッソリ取れ、気持ちが良いのですが、1週間程するとすぐに毛穴がつまり、改善はしなかったです。

結果②:数日後から化粧ノリが明らかに変わってくるのを感じることができました。

結果③:弱酸性水での洗顔、漢方薬、サプリメントはあまり効果を感じませんでした。皮膚科で処方されたアトピー用の薬は、塗っている間は良くなりますが、使用を中断するとまたぶり返す、を繰り返していました。

結果④:効果てきめんでした。悩み③の湿疹も改善しましたし、何よりも肌のくすみがなくなり、肌に張りが出てワントーン明るくなりました。周囲の方にも褒められた程です。筋トレは細胞を活性化させること、自分が食べるものが、自分の身体を作っているということを改めて実感することができました。

女性(37歳)

毛穴が目立つことと、首筋に出来るイボに悩んでいます。毛穴対策には毛穴レスになれるという美容オイルや、毛穴が小さくなるクリームなど色々ためしました。

あと、一度美容部員の方に洗顔法を指導してもらって、クレンジング料を肌になじませた後、しっかり乳化させることと、石けんの泡をコシがでるまでしっかりと泡だてて使用することを教えてもらいました。

自宅で以前から使用しているクレンジング料と石けんを、教えてもらった通りに使用していました。

妊娠時にたくさん出来た首筋のイボは出産後も治らず、皮膚科での治療も考えましたが費用が高額になる不安があったので、色々調べた結果、化粧オイルのオリーブオイルを塗ることで、イボの除去を目指しました。

毛穴レスになれるというオイルはまったく効果はなく、潤いは保たれるものの、すでに開いた毛穴に対しては何も起きませんでした。

毛穴を小さくするクリームは穏やかなピーリング効果のあるクリームで、毛穴周りの硬い角質をやさしく取り除いて皮膚を柔らかくして毛穴を小さくするというものでしたが、肌への刺激が強い割に実感できる効果はありませんでした。

逆に洗顔法を変えたことで洗顔後の毛穴の状態が劇的に変化しました。とてもクリーンで、しまった感じがしたのです。同じ化粧品なのに使い方次第でこんなに変わるものかと驚きました。

首筋のイボは、集中的にオイルパックしたりすると、徐々に組織が壊死してきて、イボを取ることに成功しました。ただ根気がかなりいります。

このように毛穴ケアに悩まれている方は主に女性に多いことがわかりますが、男性でも同じように毛穴対策にて悩まれている方も多いということが今回の企画を通してわかりました。

例えばこちらの男性ユーザー様たちからの実際の毛穴エステ対策の口コミです。

男性(20歳)

私は、皮膚科に行き診断を受けました。どうやら、毛穴にホコリが入って炎症を起こしていたのです。なので、最初に部屋の掃除から始めました。本やゲームを整理整頓し、タンスの上、本棚、床まんべんなく掃除をしました。

やはり、ホコリが毛穴に詰まっているので、悪の根源を消し去ってしまうことが大事だと思いました。その次に、皮膚科でもらった、薬を塗ることにしました。私の意見ですが、市販の薬よりも薬局の薬の方が安心で効果は絶大だと思います。

使っていると肌が少しヒリヒリし始め、皮がむけ始めます。それを、我慢すると、皮がむけるのが収まり皮膚は元の状態になります。ニキビは、自分で調べるのではなく、皮膚科できちんとした診断を受けるのをおすすめします。

結論から言うと成功しました。部屋の掃除を行い悪の根源であるホコリを退治しました。毛穴にホコリが入らないようにした結果が報われました。身近なところから変えていくのが大事かもしれません。

そして、部屋をきれいにするのは継続的に行わないと再びニキビができてくるので、気を付けてください。次に、塗り薬ですが、最初は皮がむけて痛く止めたくなるのですが、続けて使っていると皮膚が慣れるのか皮むけがなくなりニキビだけが少しづつ少しづつ消えてなくなります。

今まで、ため込んだニキビですから、すぐになくなるわけではないです。しかし、やるのとやらないのでは雲泥の差です。ニキビがなくなると、塗り薬を止め毛穴にホコリが入らないように顔をきれいに洗うなどを心がけています。

男性(25歳)

私の肌の悩みは、頬にブツブツと毛穴が空いていることです。

このことに気づいたのは最近です。今までは気にしたことがありませんでしたが、年を重ねるごとに衰えを感じるようになりました。

遠目に見れば気づきませんが、会話する距離になると目立ってしまします。この状態をなんとか改善したくて、どうしようか考えていると、父親の肌が綺麗なことに気づきました。

父はいつもひげ剃り後に、熱湯で温めたタオルを頬に当て数分間、保湿を行なっています。よく保湿は肌に良いと聞いていたので、愚直に父の真似をしています。

それから、毎日湯船に浸かり10分以上は保湿しています。それから、普段からマスクをつけて保湿を意識しています。さらには、寝る時にもマスクをつけています。

私は、頬を保湿するために色々なことを試しました。結論から言うとものすごく、効果があります。やはり保湿は肌に良いと言うのは本当だと思いました。

それぞれの結果を書いて行きます。

熱湯に入れたタオルを頬に数分間あてる方法は、一時的なものでした。なので定期的に行う必要があります。

特にオススメしたいのが、ひげそり後や外出後のような、肌が痛んだり乾燥したり空いた時がいいです。デメリットとしては、お湯を沸かす手間やガス代が発生することです。

風呂どきに湯船に浸かるのもオススメですが、これも一時的なものです。私が一番効率よく保湿できていることがマスクをつけることです。常に顔周りの感想を防いでくれます。

全ての保湿のやり方において、頬の穴は小さくすることができました。しかし、手間暇や持続性を考えるとマスク対策が一番だと感じています。

と、このように毛穴エステを怠ることで、大人ニキビの原因となったり、毛穴の荒れによる肌荒れが目立ってしまい、結果的に見た目の年齢も老ける印象を与えてしまうようになる傾向もあるというなんとも悪循環。

そうならないためにも自宅でバッチリと行える毛穴ケアエステ対策の方法をいくつかご紹介いたしました。

いくらよいスキンケア商品を購入しても、そのアイテムをより効果的に使用しなければ、本当に宝の持ち腐れとなってしまいますからね。

そのあたりにも注意にしながら毛穴エステ対策を自宅で行えるような方法など、さらに今後こちらのページでもご紹介していきたいと思います。

毛穴が目立つことと、首筋に出来るイボに悩んでいます。

女性(37歳)

毛穴対策には毛穴レスになれるという美容オイルや、毛穴が小さくなるクリームなど色々ためしました。

あと、一度美容部員の方に洗顔法を指導してもらって、クレンジング料を肌になじませた後、しっかり乳化させることと、石けんの泡をコシがでるまでしっかりと泡だてて使用することを教えてもらいました。

自宅で以前から使用しているクレンジング料と石けんを、教えてもらった通りに使用していました。

妊娠時にたくさん出来た首筋のイボは出産後も治らず、皮膚科での治療も考えましたが費用が高額になる不安があったので、色々調べた結果、化粧オイルのオリーブオイルを塗ることで、イボの除去を目指しました。

毛穴レスになれるというオイルはまったく効果はなく、潤いは保たれるものの、すでに開いた毛穴に対しては何も起きませんでした。

毛穴を小さくするクリームは穏やかなピーリング効果のあるクリームで、毛穴周りの硬い角質をやさしく取り除いて皮膚を柔らかくして毛穴を小さくするというものでしたが、肌への刺激が強い割に実感できる効果はありませんでした。

逆に洗顔法を変えたことで洗顔後の毛穴の状態が劇的に変化しました。とてもクリーンで、しまった感じがしたのです。同じ化粧品なのに使い方次第でこんなに変わるものかと驚きました。

首筋のイボは、集中的にオイルパックしたりすると、徐々に組織が壊死してきて、イボを取ることに成功しました。ただ根気がかなりいります。

女性(26歳)

私の肌悩みの一つに毛穴、特に小鼻の黒ずみが挙げられます。その対策についてですが、主に3つ実践したことがあります。一つ目の対策は、毛穴パックと洗顔ブラシを用いて徹底的に毛穴の汚れを落とし角栓を除去するというものです。

毛穴パックは角栓の除去のため、また洗顔ブラシは毛穴の奥の汚れを掻き出すために使用しました。二つ目の対策は、フェイシャルエステサロンの毛穴洗浄コースを約2年ほど継続したことです。これはその名の通り特に毛穴ケアに焦点を当てつつも、保湿もしっかりと行うというものでした。そして最後の3つ目の対策は、クレンジングと洗顔は丁寧に行うけど、保湿はクリームだけにするというものです。これは現在行なっている対策であり、1番効果を実感できています。

一つ目の対策である角栓除去についてですが、これは失敗に終わりました。なぜかというと今ならわかるのですが角栓の除去にばかり焦点を当ててしまったため保湿が疎かになり、毛穴の開きが顕著になってしまったからです。二つ目の対策であるエステですが、これは少し成功したと言えると思います。

なぜかというと今までは化粧のノリが悪かったのに対し、エステをした後はとても化粧ノリが良く、毛穴の黒ずみ自体は変化が無かったのですが、角栓が飛び出すということがなくなったからです。最後のクレンジング・洗顔を丁寧にやり、保湿はクリームのみという対策についてですが、これが1番成功したと言えると思います。クレンジング・洗顔、クリーム共にどれも特別なものは使用していないにも関わらず、毛穴の黒ずみが少し小さくなってきたと実感できるようになりました。

女性(30歳)

今悩んでいることは、乾燥、潤いと張りがない、毛穴が目立つ、シミや目じりのしわ、くすみが気になっています。基本的には、乾燥が一番良くないことだと思っているので、洗顔後の化粧水、乳液、保湿クリームは毎日欠かさず塗っています。

それでも年齢には敵わないのかと思う毎日です。あとは日焼けもシミやそばかす、しわの原因なので、日焼け止め効果の高いファンデーションもこの時期から欠かせません。厚塗りになりがちで、粉っぽい仕上がりになってしまうので、気をつけながらメイクしています。主にこの二つを中心に心がけています。しっかりと化粧水が肌に浸透していなければ、肌の潤いがなく、ツヤもなくなってしまうので、保湿に全力をかけています。

上記の内容のもので日々努力していますが、職場のおばちゃんたちには、肌がきれいだと言われます。化粧水をつけなかっただけでも肌がつっぱるのを感じますし、化粧乗りも悪いです。特に、目元などのしわが目立ちやすいところには、保湿クリームを重点的に塗ることによって、緩和された気がします。

また、日焼け止め効果の高いファンデーションを毎日塗ることによって、日焼けしやすいC-ゾーンのしみもできにくくなった気がします。肌の保湿が高ければ日焼けもしにくくなるので、乾燥している肌で日焼けしないことも大切だと思います。化粧をしないすっぴん肌でも、まだなんとかなっているようにも思います。なので、これらのことを毎日続けていて成功だと思っています。




SPONSORED LINK

フォローする