小田原の万葉の湯、家族旅行におすすめ?料理や温泉の感想、口コミ

女性(36歳)

小田原の万葉の湯です。家族全員で冬休みに旅行に行きました。

電車を使って小田原駅まで行ってそして万葉の湯に到着しました。小田原の駅前はお土産屋さんで大変栄えていてお魚を囲炉裏で焼いていてそれを試食できるのが小田原の駅前の風物詩だと思います。

小田原に歩いていると試食だけでお腹がいっぱいになってしまいます。小田原万葉の湯は駅から徒歩圏とアクセスも良好です。そして小田原は観光地ですのでたくさん見るところもあります。

小田原万葉の湯の良いところはキッズが遊べるゲームコーナーやキッズ遊具スペースがあります。子供は意外と温泉が大好きですので温泉に入っている時は静かにしていられます。お風呂の数もたくさんありますので思いっきり疲れを癒せます。




SPONSORED LINK

小田原の万葉の湯の宿は家族旅行にもおすすめでした!!

スタッフの対応はそれほど良くはありませんが混んでいて忙しいのでやむを得ないかなと思いました。ご飯はお食事処がありますので洋食から和食まで幅広くあります。

それに自分たちが思ったよりも子供の好きなメニューも充実していると思います。大人が楽しめますおつまみやビールサワーなども充実しています。

特においしかったのはお刺身です。小田原の名物だと思いますがマグロのお刺身がおいしかったです。私達家族は個室に泊まりました。万葉の湯の宿では個室もとても安くて大変助かりました。

10畳あるお部屋ですのでとても広々として安眠できました。前日に貸切風呂に入れませんでしたので昼間に貸切風呂を楽しみました。子供が大好きなのはオケのお風呂です。少し深くなっているところが面白いみたいです。

あとは8月に「ランプの宿」に行きました。

ずっと気になっていて、行きたかった宿でしたが、場所が遠いのと、値段が高めなので躊躇していました。

たまたま、比較的近くの地域に引越したため、6年目の結婚記念日に思い切って行きました。家からは車で行きました。途中に、見附島にも立ち寄りました。カヤックなどの水上スポーツも体験できるようでした。今回は島を遠くからみて、その後に宿へ向かいました。

そして、宿の敷地内に聖域と呼ばれるパワースポットに向かいました。リゾートの受付のようになっており、そこで送迎バスの受付と、聖域地域へ行く方法の説明を受けました。

送迎バスに乗る前に、聖域の青の洞窟へ行きました。洞窟に響き渡る波の音は、心を洗われるようで神聖な場所でした。その後、送迎バスに乗って宿へ向かいました。

海に面している宿で、窓を開けたらすぐ下が海です。テレビがない宿なので、とても静かで、波の音しか聞こえません。ただ波の音を聞いているだけでものすごくリラックスできました。

また、料理もすごく美味しかったです。地元の食材を使っており、創意工夫を凝らしており、とても、新鮮で美味しかったです。朝ごはんも程よい量でした。特に生海苔は新鮮で美味しかったです。

露天風呂からも海がみえ、まるで、海の中の温泉に浸かっているようでした。泉質も肌当たりがよく満足でした。

敷地内に聖域と呼ばれるパワースポットがありましたが、思ったよりシステム化され、観光地感が出ていたのに驚きました。もっと秘境の雰囲気を期待していました。しかし、晴れていれば青く綺麗な海と、夕日に照らされた海がらみれたのは、とても良かったです。




SPONSORED LINK

フォローする