足が臭い・靴の刺激臭対策!根本的に足の匂いを解決する方法を解説!

根本的に足が臭い原因を解決できる対策を紹介します!!

こんにちは、人のいいところや「スゴイなぁ」と感激したことや、雑誌や書籍などで解説されている、なんとかの解決方法などというものをなんでも昔から試すクセがございます当ネットニュースタイムの管理人ムラカネハルキです。

突然ですがもともと僕は高校生の頃から空手部に所属しており、裸足で部活動をしている頃から、足の匂いについてかなり調べた記憶が若いころからあるのです。

なぜならば、部活動の先輩・後輩ふくめて、他の高校性なども含めて足が臭い輩が本当に多かったからです。といいつつ自分でも靴の刺激臭について悩まされたりして、そこでもいろいろと調べたものです。

結論から申し上げますと、足の匂いについて臭い原因となる根本的な原因は2種類あるのです。それはですね。

・もともと足というか、体内からでる臭い

・ソックスや靴などから蒸れて臭くなる足の匂い

この2点にあるといっても過言ではないでしょう。もっとわかりやすくいいますと、身体の内側からくる足の臭さと、外側からくる足の臭さ。これにつきます。

今回、足の臭い対策についてクチコミライター様からアンケートを依頼したところにつきましても、

・足の臭いが強力に臭いに困っている。

・靴からも同じような刺激臭がくる。

など、結局は足の臭いに悩んでいる方々の多くがこの靴からの足の臭いと、そもそもの足の臭さ。これですね。その2点です。

なのでその2点を解決できれば、もうすでに足の激臭からは解放されたようなものです。原因をつきつめて根本的に解決できる方法を模索する。そしてそれを実践する。失敗したらトライアンドエラーで何度もPDCAサイクルをまわしながら繰り返す。

そうしたなかで、僕がみつけたのが、

◆足の臭いを根本的に消す商品

・ノーノースメル
・アニセ薬用石けん

◆ソックスで靴からの足の臭いを消す商品

・リンマー
・フットクリア

このあたりのアイテムで、あなたの足の臭い対策はすでにもう解決されたも同然ですので、どうぞご安心して今回の記事をお読みいただければと思います。




SPONSORED LINK

靴が臭い場合と、足が根本的に臭い体質の2種類あることをまずはしっかりと覚えたいポイントです!!

引き続きムラカネが解説しておりますが、今回「足の臭い」についてアンケートをとり思ったことがありまして、それはみなさん本気で足の臭さを対策するという方法がそれぞれ甘すぎるという点。

ようするに中途半端といってもいいでしょう。「臭いモノにはフタをしろ」的な発想で、そのフタをあけてはまた臭いまま・・というね。

例えば、こちらの男性からの「リアルな声」ですが、

男性(44歳)

私の娘に関しての臭いの事です。

臭いの原因は足。足の臭いが強力に臭いです。私も男なので仕事を終えて帰った時の脱いだ靴の臭いはクサイとは思いますが、娘に関しては朝から足そのものが臭いです。

保育園など朝に車で通園させているときなんかは冬でも窓を開けて換気したくなるほど車内空間が悪臭でいっぱいになります。なんとなく臭くなっている原因や習慣みたいなものはこれではないかと特定はしてはいます。

たぶん保育園に行ってからの習慣ですぐ裸足になるのが原因ではないだろうかと推測しています。現段階ではピークの時ほどのカウンターパンチみたいな強力さは薄れてはきていますが、まだまだ油断ならない段階です。

今後も根気よく臭いと戦い続けていきます。

まず、悪臭の元である足をとにかく清潔に保つことを心掛けていきました。本人曰く、靴下をはくと暑い、動きづらいなどの理由ですぐ脱いでしまっていたみたいですが、保育園の休みの日などは少しの時間でも靴下を履く習慣をつけていきました。

保育園から帰ってまず足を洗う。お風呂に入ってまた足を入念に洗う。寝る。起きて足を洗う。これをひたすら続けていきました。

もう対策開始から1か月ほど経ちましたが少しずつですが臭いが和らいで行っているのがわかります。(通園の際の車内換気したいという思いが一時よりましになってます。)効果は出ているようなので、これからも娘の足の臭い根絶に向けて日々努力を積み重ねていこうと思っています。

と、ここまで。・・わかりますよ。わかるんですが、お風呂で丹念に足を洗っても足の臭いを解決させることはおそらくできません。なぜならこちらの男性の方は気づいていないのかもしれませんが、娘さん以上にご自身の足のほうが臭いんですよ、実は。

人の臭いって敏感になるもので、自分の臭いは気づかないんです。娘さんが急に保育園にいって足が臭くなるわけがないんですよ。

それはひとつのきっかけにすぎなくてですね、そこに気づかないといつまでたってもいわゆるイタチごっこみたいなもので、抜本的な足の臭い根絶の解決には至りません。

そういった点では、こちらの男性の方のほうがよっぽど自分自身がわかっているといえますね。

男性(42歳)

みんなからよく汗の臭いが酷いと言われる。どのような臭いがするか説明します。鉄の臭いがすると言われたり、魚が腐ったような臭いがすると言われます。

実際にノネナールの薬品に近い臭いがします。暑い日が続いていくと滝のように汗が流れます。獣臭と言われる意味も理解できます。年齢とともに新陳代謝がなくなり汗を分解する働きがなくなるの実感しました。

風呂に入っても汗をかくのでどうしたらいいかがわかりません。寝ている時も汗をかくので、タオルを枕元においています。原因は体の水分が減っていき外に出ている為です。

もう一つみんなから言われて悩みがあります。足の臭いで、大変こまっています。仕事柄革靴を長い間に履くがあり、靴の蒸れた臭いが強烈だったのとても嫌でした。

必ず風呂に入る事にしています。シャンプーとリンス、石鹸もしくはボディソープを使用し弱酸性の物を使用してます。消臭剤とコールドスプレーで、臭いがしない様に気を付けてます。消臭剤とコールドスプレーは、ドラッグストアでよく購入してます。

商品は、ファブリーズをよく使用してます。種類は、メンズフォーメンを使用してます。コールドスプレーは、探してみると品数が少ないですね。売っている店が少なく不便に感じました。ボディシートが役立ちます。

コンビニエンスストアでも購入ができるので、大変助かります。デオウは使用してみると汗臭いのがなくなりました。もう一つお気に入りのがありメンズビオレのアップル風ボディシートです。汗臭いのが消えるので、重宝してます。

そう。まさにトライアンドエラーの繰り返しを実践されているところが実に見事であります。いずれご自身にあった足の臭い対策アイテムがみつかり、その根本的な足の臭さから解放されるでしょう。

実にすばらしいと思います。またそのほかにもいただいたいくつかのアンケートをここでご紹介していきますね。

女性(24歳)

彼氏と同棲しているのですが、彼氏が仕事から帰ってきたらとても足が臭う。一日中革靴を履いており、スリッパなどに履き替えることは無いらしく帰ってきたら蒸れた匂いが充満する。また、脇の臭いもする。酸っぱいというかなんとも言えない臭い。

まだ20代後半なので代謝の良さなのかもしれない。仕事は事務職なので動き回ったりすることは無いそう。移動も車なので汗をかくことも無い。

春夏秋冬関係なく臭う。

帰ってきたらすぐお風呂に入れば気にならないが、ご飯を食べてお酒を飲むこともしはしば。次の日にシャワーを浴びてまた仕事に行くことも多い。

もう慣れたけれど、最初はちょっと変な顔をしてしまっていたと思う。これから年齢が行くと加齢臭がきつくなっていくのでは、と心配です。

臭いがするのは仕方ないので、帰ってきてからすぐお風呂に入るようにしました。身体が清潔に保たれるとやはり臭いはしなくなり、健康的です。

革靴は買い換えることで足の臭いはかなり減った気がします。靴下やシャツなどの洗濯も今まで溜まってからしていたのですが、こまめに行うようにしました。

靴下もバラバラにおいてあって洗ってあるかわからないことが多かったです。今はスピードコースがあるので早く仕上がるし、柔軟剤もいいのがたくさんあって洗濯は楽しくなりました。

彼氏からいい匂いがしてくるとやっぱりうれしいです。彼氏は臭いに気づいてなかったので、こうして一緒にしてあげることで改善されました。わたしも気づいてないだけで臭いがしてるのかもしれないし、清潔感の大切さを感じました。

男性(52歳)

臭いといえば,臭いものを連想するので,まずは靴の臭いについて書いてみようと思いますが,長く履いた靴,ブーツの臭いは強烈だと思いますし,それは他の人を不快にさせるものです。

最近は靴の消臭剤を使うことでだいぶん緩和されるとはいえ,人の前で靴を脱ぐのははばかれるであろう方々も少なくないのではないかと思います。

臭いといえば,匂いとも解釈でき,それは爽やかな芳しい匂いのものもあるのでしょう。金木犀は北海道には自生していませんが,その匂いは甘く,素晴らしいものです。植物園などで栽培している場所もあり,その花が咲いている時期になればそれはそれは魅惑的な雰囲気です。室内芳香剤に用いられる科学的な匂いとは大きく異なり,かなり良いものです。

ブーツの強烈な臭いには顔をそむけるしか方法がないときがありました。芳香剤をプレゼントしたほうがよいでしょうかね。

当人も気づいているのかもしれませんが,なすすべがないのでしょう。履かないの一番ですが,そうも言っておれないのでしょうし。まあ解決方法は見いだせないのかもしれません。

金木犀の花をブーツの中に入れてみるとよいのかもしれませんが,かなりもったいない感じもします。来秋から春にかけての時期に金木犀はありませんし。どうにもならないのでしょうね。

専用の機械のようなものをだれか開発することはできないでしょうか。かなり難しいので,これまで発明されてこなかったのかもしれません。靴を履くという文化自体をなくするのがよいのかもしれません。

男性(25歳)

とある工場にて貸し出される安全靴をほぼ一日中履いて作業をしているため、はじめはそれほど臭いはしなかったが、長年洗ったりしなかったので、次第に臭いを感じてきた。

まるでカビのような刺激臭が私の安全靴から臭ってきて、それが自宅に帰り着き自身の靴を脱いだ私の足にまで臭いが感染しているようだった。一度週末に靴を持ち帰って自宅で洗ってみたが、一週間後にはまた臭いが復活してしまった。

ちなみに、安全靴のくさい臭いは私のものだけではなく、一緒に働いている工場の先輩方の靴からも同じような刺激臭が下足箱から漂っており、出勤や退勤の度にその臭いと向き合わなければならず、特に夏場は汗を普段よりかいてしまうため、より刺激臭が強まる。
靴専門の店に行き、そこで消臭・防臭スプレーやニオイ防止用のインソールを購入して、件の安全靴に使用したところ、普段よりも刺激臭が抑えられた。

また、単にスプレーで対策するのは良くないようで、洗い方から干し方までも調べて、湿度に気をつけながら安全靴のニオイを取る方法を試行錯誤した。

ただ、基本的には安全靴は工場に置きっぱなしにするのが常であるため、週の初めに出勤する際に工場に到着する直前になって安全靴を持ってくることを忘れてしまうことがたまにあって、自宅を出た直後までなら間に合うが、到着する直前だと引き返す時間がなく、その場合は素直に安全靴を忘れたことを上司に報告している。なので安全靴を持ち帰ったならば、分かりやすい場所に置くなり対策しなければと思った。

男性(23歳)

私の臭いエピソードは高校生の頃です。運動部の部活を当時所属してまして、実力も結構あって、かなり練習に力を入れてました。

そんな中で、連絡量と比例しくるのが汗の量で汗の量の倍に臭うのが、足でした。例えるなら、納豆なんてものじゃなかった。歩いたら臭いが歩いたところについて臭いで歩いた箇所がわかるくらい臭かったです。

よく家族にはお風呂で足を洗ってからリビングに来てと言われたものです。原因はすぐにわかりますよね。

靴を変えなかったことなんです。臭い靴というか雑菌が繁殖した靴を履き続けて、さらに、練習という名の雑菌に餌を与え続け、最終的には水虫になりました。

そのときに言われた母の一言で変わりました。

女の子のお家に行けないよ。
その一言で全て変わりました。

私はその臭いを最初は楽しんでました。自分で嗅いで楽しむのではなく、家族に押し付けてました。今考えると、最悪ですよね。でも、楽しかったのは事実で皆さんも経験あるんじゃないかなと思います。

本題は、その母に言われたことから変えたことは大きく2つあります。

1つ目は、靴を買う
2つ目は、水虫になってしまった足を治す

この2つにフォーカスして徹底的に改善し、解決しました。まず1つ目の方に関しては、買うスパンにこだわりました。

だいたい3ヶ月に普段靴も、運動靴もそのくらいのスパンには変えてました。あとは2セット買っておくなどもしました。2つ目は治すことです。

徹底的に洗うんですけど、重曹を使って、足裏の皮を削る軽石みたいなもので削って薬を指して、1ヶ月続け、水虫は、ひどくなる前に対処できたので今では、母に感謝してます。




SPONSORED LINK

フォローする