映画「ジュラシックワールド」原作読んだけどマイケルクライトンじゃないんだ・・

「ジュラシックパーク」の原作はマイケルクライトンだったけれど・・

金曜ロードショーではまさに現在「ジュラシックパーク」お祭り状態であり、今週も映画「ジュラシックワールド」が放映されますねー。

それにしまして、そもそも映画「ジュラシックワールド」の前作での「ジュラシックパーク」シリーズでは、原作小説の映画化ということでしたが、映画「ジュラシックワールド」においては、小説原作というわけではないようですね。




SPONSORED LINK

そもそも映画原作のマイケルクライトンって誰ですか?

シリーズ1作になる「ジュラシックパーク」の原作のもととなった小説家でありますマイケルクライトンさんはたくさんのヒット作を世に送り出しております。

もともとマイケルクライトンさんの小説ってスティーブン・キング氏のように映像化にあいやすいのでしょうね。

これまでも『緊急の場合は』や『五人のカルテ』という小説がもととなって、日本でも大ブレイクしました医療サスペンス連続ドラマ『ER緊急救命室』をヒットさせてまいりました。
マイケルクライトンさんといえば、そうした数々の医療系をベースとしてサスペンス系・SF系作品を世に送り出してきたのですが、66歳という若さで喉頭がんにより死去されました。

私もマイケルクライトンさんの小説は9割ほど読んでいるぐらい好きでしたし、ただただ若くしてのご冥福をお祈りいたします。

ただし、マイケルクライトンさんは小説や脚本では明晰といった印象をもちますが、私生活が破天荒だったようですね、5回の結婚経験という、これはホラー系ドロドロ作品の大御所ステーブンキング氏が一貫として妻一筋だったことを含めると、人生ってやっぱり複雑ですね。

ただしスティーブキング氏も小説書きながらキメていた時期もあったりで、やはりアメリカンですね、破天荒でも許されるアメリカンドリームとはまさにこのことですね。

それにしても恐竜が絶滅した原因とは?

これは地球に巨大が隕石が落ちてきて、それとともの大氷河期が訪れて、大きくの恐竜たちは絶滅したといわれておりますが、例え今もしまたそうした巨大隕石が落ちてくるとなった・・・。

世界中が団結して、その巨大隕石をやっつけるんでしょうね。
トランプ大統領とか、めっちゃ頑張ってくれそうですけれどね。「今こそ世界中がひとつになるときだ!」とか言いそうですね。

プーチン大統領とか、サングラスかけて「巨大隕石を、ともに撃ち落とそう」とかね、クールに言ったりとかしてね。

今の世界中の技術を結束すれば、恐竜を絶滅させるほどの巨大隕石が地球に落ちてくるといったことになったとしても、世界団結でなんとかなりそうですよね。

とか、映画「ジュラシックワールド」を観ながらふとそんなことあんなこととか妄想していたりしておりました。世界が平和でありますように。ラブアンドピース。




SPONSORED LINK

フォローする