ダイハツのウェイクは販売不振で失敗?その評判と売行きは?

残念ながらそこまでウェイクは売れてるとは・・

ダイハツがその命運をかけて世に送り出したウェイクですが、そこまで売れているとは残念ながら言えるぐらいでもないですよね。私はこのカタチは好きなほうなのですが、それでもうちでも載っているホンダのN-BOXとどうしても見比べてしまうところは否めませんよね。

ダイハツとしても、そのN-BOXに対抗しているフシはあったにはせよ、ホンダのパワーには勝てませんでしたね。。

でもあいかわずにダイハツではムーブもタントも人気ですし、まだまだホンダには負けてはおりません。ただしウェイクのコンセプトがね・・残念ながら売る段階でのマーケティングが失敗だったといっても過言ではないのかもしれません。

値段もウェイクは結構高いんですよね・・そのあたりも販売不振につながっているのかもしれませんし、それでもクルマの性能の評判は悪くないんですよね。

乗り心地もよいという評判ですし、広い空間も高評価。
そのウェイクのデザインの独特さも好きだというユーザーも多いですね。

いろんなネットニュースなど見てもそれは明らかですよ。ただし・・売行きはどうかといわれますと・・ちょっと当初のダイハツのチカラとしてはそこまでの成功とは呼べないのではないでしょうか?残念ですが・・。




SPONSORED LINK

その点、スズキのアルトは頑張っていますね。

やはりスズキのアルトといえば、その低価格さですよね。
社用車にしたいリスト上位ランキングに食いこむほどではないでしょうか?

そうなんですよね。もうデザインがいいとか悪いとかそんなレベルでの話ができないぐらいの位置にいるわけですよ。

ここがアルトの強さなんですよね。その圧倒的な庶民ユーザーへのアプローチ力がずば抜けていると思えるんですよ。カッコいいとかそういうんじゃない。

そもそもスズキのアルトはそこに重心をおいていないんです。いかに乗ってもらえるか。いかに税金が安いか。いかにクルマの価格が安いかどうか。ここらへんが強みですよね。

軽自動車業界を長くリードしてきたスズキの底力がアルトによって垣間見ることができるような気がします。ホンダのN-BOXとは明らかに戦い場所が違うわけです。だから売れる。

マーケティングができているという証でもあります。
もちろん自家用車としてもスズキのアルトは優れているといえますし、なにより運転がしやすいですよね。自転車でいえばママチャリが最強というユーザーがいるぐらいで、そういった意味では、その空間のなかではアルトが最強かもしれませんね。




SPONSORED LINK

フォローする