ドラマ「空飛ぶ広報室」「軍師官兵衛」「やまとなでしこ」見逃した方へ!

空飛ぶ広報室は、航空自衛隊に興味があったので、面白く見ることが出来ました。航空自衛隊広報室として、撮影会社とのタイアップでのやり取りとか面白かったです。

また、主人公が交通事故でブルーインパルスの隊員として除名されてしまって広報室勤務になったことについて、辛い葛藤があって、そこに、初めは何も知らないテレビ局の女性社員が広報室の取材に関わることで、興味のなかった自衛隊に興味が芽生えてくると言う面白いドラマでした。




SPONSORED LINK

大河ドラマ「軍師官兵衛」を観るまで、黒田官兵衛について知りませんでした。

主人公の岡田准一さんのファンで見始めましたが、とてもひきこまれました。配役が素晴らしく、織田信長の江口洋介さんは迫力がありました。黒田三人衆の高橋一生さんも気になる俳優さんだったので嬉しかったです。

印象に残っているシーンは、本能寺の変があり、うろたえる秀吉に向かって、官兵衛が「開けました!殿のご運が開きましたぞ!」とけしかける場面です。主人公の悪人顔がすごい迫力でした。馬に乗る岡田准一さんは、戦隊モノかと突っ込みたくなるくらいカッコよかったです。

あとはドラマ「やまとなでしこ」も大好きです。

当時もよく観ていましたがよく再放送をしていたので何回もみていました。冬の時期にみたくなるんですよね。なんといっても松嶋菜々子さんが綺麗で、愛よりお金!という役でしたがあのような役を演じられるのは松嶋さんだけだと思います。

あのかわいらしさもあり、着ているファッションもおしゃれで上品です。職業もキャビンアテンダント役で女性は憧れる職業です。出演している人も豪華ですし何回でもみたいドラマです。

もとから松嶋菜々子さんが好きだったので見始めたんですが、堤真一さんが演じる「おうすけさん」役にハマってしまいました。少し不器用だけど優しいおうすけさんに、だんだん惹かれていくところが面白かったです。

ラストのシーンも最高でした。松嶋菜々子さん演じる桜子さんが、海外にいるおうすけさんに会いにいって幸せを掴むとこが素敵でした。また、役者さん通しの掛け合いのシーンも面白かったです。

松嶋菜々子さんがとにかくきれいではまり役の「やまとなでしこ」ですが、古いアパートに暮らしながら玉の輿を狙いつつ、見栄を張る様子が親近感というか女子の気持ちをよく現しているなあと楽しく見ていました。

堤真一を好きになったのもこのドラマです。松嶋菜々子さんは、割と同じような印象ですが堤真一は、役によって本当に変わるよい役者さんというのを、このドラマをきっかけに堤真一が出る作品を見るようになり知りました。幸せなハッピーエンドになるというのもとても好きです。

あとは「99.9 -刑事専門弁護士」もとても楽しかったですね。

パート1では、深山と赤石が弁護士事務所へ移動する当たりのやり取りが、テンポよく楽しかったが、シーズン2になると、深山と佐田とのオヤジギャグのやり取りがレベルアップ?しているが、分かり合えるのが二人の間だけなのがまた、絶妙で面白い。

事件の解決の仕方が、事細かいことまで調べ、それを追求して真実にたどり着くあたりが、地味な作業だけれど、一つ一つ大切な真実へ繋がることで、最後に謎が解けていくあたりが、気持ちよく楽しいドラマでしたね。

あとは日本ドラマ以外でもひとつオススメなドラマを紹介します。

ドラマ「スニッファー」です。たった1時間のドラマなのに、映画並に見ごたえあって、引き込まれました!演技派俳優がぜいたくに揃っていて、なのにコロシアイしてなくて、普段渋い系の俳優が道化役してたり、実力派同士がじゃれ合う感じの演技が、おとなのバランスでステキでした。

臭覚で犯罪を暴いていく刑事物の内容が、変にもったいつけることなく、展開も早く、映画のようなカメラワーク、画像の色?ジャズ好きにはたまらない効果音等、身悶えするほどツボなドラマでした。ぜひともまたやってほしいですね。




SPONSORED LINK

フォローする