夏休み中に子供に見せたい映画はやっぱりジブリ作品!?

毎年夏になりますと、私はジブリの映画作品を観たくなるんです。理由は・・自分でも分かりません。笑
20代の頃ってとにかく時間だけは無限と思えるぐらいたくさんありましたから、随分映画も観ましたし小説もそれこそ膨大に読んでいた頃が懐かしいです。

今は・・・日々の仕事と自宅に帰れば子供たちの相手・・そして夏になるとカブトムシの飼育と、クソ忙しい毎日を送っております。

それでもネット上でアンケート調査みたいなことも最近やっているんですが、やっぱりジブリ作品は人気がありますね。すごい。さすがは世界の宮崎作品ですねー。




SPONSORED LINK

「となりのトトロ」が一番好きです。

女性22歳(会社員)

今まで何回も観た映画。物語はとても単純で小さい子でも理解出来る内容だと思う。しかし、大人になった今観てもトトロの世界観に凄く惹かれる。めいちゃんとトトロが出会う時に「とぉとぉろぉ?」って答えるのがとっても印象に残っていて、ワンフレーズが長い間記憶に残る事はすごい事だと思った。また、キャラクターがそれぞれとっても可愛い。

小さいトトロやまっくろくろすけなど、実在しないけど、いるのではないか?と思いそうになる。どの年代でも印象に残る映画なのではないかと思います。テレビでも何度も放映され、国民的なアニメと言えば、宮崎駿監督作品の「となりのトトロ」ではないでしょうか。誰もが、一度はこの作品を見た頃があるはず。ネコバスで、ワープしながら草原や山道を駆け抜けるシーンはいつ見ても、ワクワクさせられることがあります。

また、大自然に囲まれているメイの家で、一本の芽が大きくなって巨大な樹木に変化する場面も感的ですね。何か、童心に戻ったような懐かしさを感じさせてくれます。30年たった現在でも、テレビで時々放送されますが、他にも色々な番組や動画が見れる環境にあるのに、10%を超える視聴率を誇るのは、さすが名作だなと感じます。

「天空の城ラピュタ」が一番好きな映画です。

ジブリ映画の中で、最も地球、環境、人間について考えさせられるものだとおもいます。特に天空の城では、人間が作ったロボットが穏やかに暮らしている場面に対し、大人の人間が、強欲で自分のことしか考えていない表現は、地球は誰のためにあるのか考えさせられました。特に好きな場面はパズーが少女をキャッチして助けたところです。空から人間がふんわり落ちてくるというのは面白いと思いました。また、二人とも両親がいないという設定は、家族がいるという事を考えさせられ最後まで切なさの残る映画だと思います。

好きな映画は「魔女の宅急便」です。


女性27歳(主婦)

魔女の宅急便です。一番好きなシーンはひとつに絞りきれませんが、キキがほうきで飛び立ちルージュの伝言が流れるあたりです。音楽の効果もあってか、とてもワクワクして自分もキキになったつもりでいつも見ています。なので、飛んでいる途中に出会う紫の服を着た占いのお姉さんに、その曲止めてくださらない?静かに飛ぶのが好きなの。と言われるところはいつも寂しい気持ちになります。でも紫のお姉さんはキラキラしていて素敵だなとも思います。大好きなシーンはこの最初の方なので何度もここだけをみることもあります。

といったように、ネット上でもジブリ映画作品はやはり人気のようですね。
また「魔女の宅急便」などは実写版もされておりますからねー。

ぜひ今度は「となりのトトロ」の実写版が観たいですね、・・たぶん子供たちは泣くかもしれませんがね。汗

トトロ怖いよーー。ネコバスが夢にでてくて食べられるかと思ったー、なんて子供たちが夜泣きしてしまうかもしれませんので、やっぱり「となりのトトロ」はR15指定でお願いしたいかもしれません。笑
そんなこんなで私は夏休み中に子供に見せたい映画はやっぱりジブリ作品で決まりですねー。

あと個人的にはジブリのくくりに入るのかはあれですが「耳をすませば」も好きです。「耳をすませば」は大学生のときに初めて映画館で見たジブリ作品でした。

原作のマンガをもともと知っていたのでそれがジブリのアニメになるということで期待と不安半々だったのですが原作マンガ以上で、主人公の少女と少年の甘酸っぱい恋と、中学生の将来に悩む様子がとても新鮮で良かったです。

何かすごいことが起こるわけではなく、身近な物語りというのも好きな理由だと思います。今見ても、古くさくない大好きな映画です。また、少年の声が高橋一生くんというのが、最近知ったのですがとても初々しくて素敵です。




SPONSORED LINK

フォローする