ドラマ「JIN仁」「最高の離婚」見逃した方へネタバレ感想をお届けします!

ああーなんであのドラマ見逃してしまったんだろう・・・とあとから後悔してしまうことってあなたはないでしょうか?

私はけっこうの頻度でございます。笑
まあ仕事に育児に子育てにと毎日のように忙しい日々のなかで大好きなテレビや映画をガンガンと昔の独身時代のように見ることなんぞ、到底むずかしいんですけれどね。悲

だからこそ録画という便利な機能があります。だけれどその録画すら忘れてしまういう忙しさもかさねてそんなことしょっちゅうなんですけれどね。。

そこで今回はそんな私のような、ドラマ「JIN仁」を観たかったんだけれども、見逃した方へネタバレ感想をお届けしますね。




SPONSORED LINK

ドラマ「JIN仁」が好きです。

現代を生きる外科医が江戸時代にタイムスリップしてしまうという、ありえない設定ではありますが、人々を救うために江戸時代にある道具を用いて手術をしたり薬を作って処方する姿は見ごたえがありました。

印象に残っている場面は大工道具等を使って頭部手術を行った場面です。

MRIなどもちろんないのでカンを頼りに脳腫瘍があると思われる場所を探り当て、大工道具を使って頭蓋骨に穴をあけ腫瘍を取り除く場面はハラハラしながら見ていました。

「JIN-仁」出演者の配役がとてもよかった。

特に坂本龍馬役の内野聖陽のハマり具合が半端ない。

今まで見てきた大河ドラマや時代ものドラマの中で1番坂本龍馬らしい坂本龍馬だった。(主観ですが)当時見ていた時は全く気にしていなかったが、今見てみるとauのCMでおなじみの桐谷健太も出演しているので、桐谷健太が好きな人には是非見てほしい。

医者はエリートで年収が非常に高いというイメージだったが、ただただ人の命を助けたいという思いで治療していく姿を見て医者のイメージが変わった。

といったように実際にドラマを見た方の生の感想ほど追体験できるんですよね。「なるほど~なんか見てないけれど感想を読んだだけでなんとなくわかる気がします」みたいなな感じで、まさに唸りますね。

あとですね、ドラマ「最高の離婚」も私は見逃してしまったのですが、かなり面白かったようですね。こちらも実際に視聴された方の感想をお届けします。

ドラマ「最高の離婚」は今でも忘れられないドラマです。

結婚もしたことが無く、どういった経緯で人は結婚していくのかも知らない私ですが、とても引き込まれる名言の数々です。一度結婚すると、人生からは逃げられません。

自分のことだけ考えていては、成立しません。こういう人なんだと分かっていたとしても、やはりどこかでバランスを崩します。そして一度愛した人を簡単に手放せないのも納得がいきました。

一時的感情で好きになっても、一時的な感情で嫌いにもなります。




SPONSORED LINK

フォローする