映画「AKIRA」その圧倒的なスピード感がたまらない。

この映画を観た感想は「圧倒的」ということである。まずは作品の中でいろいろな物や事が破壊されていく様子が圧倒的である。新型爆弾による東京、バイク、超能力に目覚めた自分自身を制御できない鉄雄である。

また、スピード感も圧倒的である。ネオ東京の街を駆け抜けていく少年らのバイク。とりわけ不良少年グループのリーダーである金田の赤いバイクのスピード感は格別である。圧倒的なスケールで、圧倒的なスピード感で、圧倒的な破壊力で、何度観ても感動する作品である。




SPONSORED LINK

そしてドラマ「ブラックペアン」もおすすめです。

このドラマの中にはさまざまなドクターが登場する。長年の経験と実績があり”神の手”を持つ佐伯清剛、佐伯と日本外科学会の理事長の座を争い、インパクトファクターの獲得に執着する西崎、最新医療機器「スナイプ」での手術を推進する高階、研修医の世良、そしてオペ室の悪魔”と呼ばれる渡海征司郎である。

医師には人の命を助けたいという気持ちを持っていてほしいと思うので、その点からして佐伯は医師免許は持っていても医師とは呼べないと思う。

佐伯は経験と技術で、高階は最新技術で、世良は若さと情熱で、渡海は才能と努力で、それぞれに患者の命を助けたいという気持ちが伝わってくる作品でした。

あとは「ズートピア」も好きですね。

「ズートピア」の魅力は出てくる動物たちの個性が豊かなところです。草食動物と肉食動物が普通に一緒に暮らしているとはいえ、うさぎの女の子のジュディは子供の頃から警察官になるのが夢でしたが、周りからは草食動物であり小柄なうさぎには警察官は向いていないと言われ続け、ジュディは他の動物以上に猛特訓して警察官になります。そういった平等だけど平等じゃないところが人間味があって深いなと思います。ストーリーもわかりやすく日本の声優さんもマッチしているので、世界観に入り込みやすいところも好きです。

また「アンナチュラル」も見てほしいドラマです。

私はサスペンスやミステリー系のドラマが好きなのですが「アンナチュラル」は特に犯人が誰だかわかりにくいのがとても面白かったです。1時間のドラマなのに内容が濃くて全く飽きませんでした。死体解剖についての科学捜査がメインなので、主に死因を解明するのが大筋なのですが、わかりにくい専門的な用語もすんなり入り込めるような自然な会話で、かつそれぞれの登場人物のキャラクターもステキなので物語の中にすんなり溶け込める感じがしました。ぜひ続編を期待したいドラマです。




SPONSORED LINK

フォローする