ピジョン葉酸カルシウムプラスいつまで飲めばいい?妊娠後つわり中も?

ピジョン葉酸サプリメントといえば、妊娠時においての妊婦さんに人気のサプリメントになっておりますが、なんといっても葉酸のほかにカルシウムと鉄分の成分も多く含まれているのが、その人気のひとつのようですね。

また、ピジョン葉酸サプリメントは値段もお手ごろですし、ピジョンシリーズのなかでもダントツ人気なのがピジョン葉酸カルシウムプラスなのですね。




SPONSORED LINK

ピジョン葉酸カルシウムプラスはいつまで飲めばいいのか?出産後も飲んだほうがいいのか?

これっていいますのは、そもそも葉酸サプリ全般にいえることなのですが、妊娠中はもちろんのことですが、出産後もしばらくは摂取しておくべきだということが一般的のようですね。

それでもつわりのときは無理に飲んでもだしてしまうだけなので、つわりが落ち着いてきてから飲むことをおすすめます。

それではここからピジョン葉酸カルシウムプラスの感想体験をお聞きくださいませ。

32歳(主婦)

妊娠したのをきっかけに、自炊を中心の生活にしました。

今までは、お昼はコンビニで買ったり、お弁当を買ったり、外食をしていましたが、お昼もお弁当を作るようにして、残りものや冷凍食品を活用していました。

自炊にした方が、野菜が確実に摂取できるので、栄養バランスが良くなります。また、今までスープを良く飲み、ラーメンのスープもほとんど飲んだり、飲み干してしたものを意識して少なめにするようにしました。

塩分の摂り過ぎに注意するよう病院で指導を受けたことがきっかけで、家で旦那さんもあまりスープは飲んでいなかったこともあり、自分が飲みすぎなことに気がついて実行していました。

更に、毎日果物とヨーグルトを摂るように意識していました。

特に果物は高いのですが、お菓子を食べるよりはいいと考え、当分を果物から摂取するようにして、体重管理に気を付けるようにし、便秘解消のためにも乳酸菌を摂取するようにしていました。

妊娠したことがわかったときから、葉酸サプリを妊娠初期は毎日摂っていました。

本当は妊活しているときから摂取していた方がいいとのことでしたが、妊娠が判明してからでも遅くないとのことだったので、赤ちゃんが順調に成長するようネットでオススメのサプリを検索して、葉酸だけでなく鉄分や女性の美容に役立つ成分も含まれているサプリを選びました。

それがピジョン葉酸カルシウムプラスでした。その他のサプリは飲んでいませんでしたが、第二子を希望する際は、妊活の最中から葉酸サプリを摂取するようにしたいなと考えています。

年齢も年齢なので、早めに欲しいなと思っているので、自然に授かれるようできることはやっていきたいなと思います。

他のサプリに関しては、普段から摂取しているわけではないので、特に意識をしていませんが、年を重ねると美容に今より気を遣うようになると思うので、もしかしたら葉酸サプリ以外のサプリも摂取するようになるのかもしれません。

36歳(主婦)

妊娠中に、食事などで気を付けていたことは葉酸をできるだけ取るようにしていました。

まずは、サプリメントを摂取し始めて食事面ではできるだけ太らないように甘いものは避けるようにしていました。

しかし、妊娠中はどうしてもお菓子などが欲しくなりますのでそんな時にはガムを食べたり酸っぱい飲み物を飲んだりと気を付けていました。

栄養面では、レバーやほうれん草をできるだけ食べるようにして貧血にならないように心がけをしていました。

他にも、玄米を白米に混ぜて食べてみたり今まで以上に栄養面で気を付けていたように感じます。これらは、出産をした後にも役立つ食べ方でしたので取り入れて良かったと感じています。

また、どうしても便秘になりがちになりますので野菜を多く取り入れることができるようサラダを朝欠かさず食べたりしていました。

野菜は、ミネラルも豊富ですので妊娠中に必要な栄養が手軽に取り入れられることもあり気を付けていました。

葉酸サプリメントは、上記でも記したように出来るだけ摂取していました。理由は、妊婦健診へ行った時に保健婦さんに勧められたことがきっかけです。

最初は、何気なく摂取していましたが味も悪くなくとても飲みやすいことからドラッグストアにて購入していました。なんとなく選んだのがピジョン葉酸サプリメントでした。

妊娠中に他のサプリメントは飲んでいません。サプリメントも良いですが、やはり生野菜や自分で作った食事からたくさんの栄養を摂取したいと考えていましたので葉酸サプリメントだけで十分だったように感じています。

そのせいか、毎月ある検診ではとくに問題もなく体重も最後まで10キロ程度しか増えることなく無事に出産をすることができました。

やはり、自分自身が自分の体と向き合いどんな栄養素が合っているかを考えて妊婦生活を過ごすことが大切だと感じています。自分の体は、自分しかわからないので勧められても自分に合ったものをその中から選んだら良いと感じています。

56歳(主婦)

妊娠して1か月も経たない頃から、つわりが症状が出現していたので、食欲は全く失せてしまい、ほとんど何も食べることはできなくなってしまいました。

しかし、水分だけは摂取したいと考えていたので、レモン水をいつも用意して、少しづつ飲用することにしていました。

1日1リットル未満くらいは消費していました。唯一食べられるものがとろろ芋でしたので、これを毎日すりおろし、少量のだし汁あるいは醤油を垂らして、ほんの少しのご飯にかけて毎食それだけをいただく毎日でした。栄養価も高いので、これでつわり最中のカロリー不足はかなり補完することができました。

妊娠半年も過ぎると今度は過食の問題が出てきました。視界に入る食物は何でも口に入れたくなるほどの過剰な食欲です。

加えて、胎児や羊水の重みによる便秘に苦しむようになったため、炭水化物や高カロリーのおやつ類は一切やめ、温野菜や根菜の煮物や佃煮などで、食物繊維を取ることや減量に精をだしていました。

妊娠中は、自然なもの以外を体内に入れることはご法度ということを、周囲の人間や医師などに言われていたのでサプリメントの類は一切取らないようにしていました。

ただし今は時代が違うのですね。娘の場合ですが、医者のほうが葉酸サプリなど摂取したほうがいいとアドバイスもらうぐらい時代の違いを感じております。

私のときなど好きな紅茶も飲まなかったくらいです。せいぜい、ルイボスティーをごくたまに頂くだけでした。

葉酸にかんしては、通常、果物や野菜に多く含まれているものですが、現代人や、特に妊娠中の女性には不足しがちということです。

野菜類を毎日、多量に食することは、働いている女性も多くなっているこの時代ではかなり無理なことではあります。

ビタミンB6,ビタミンB12,ビタミンCなど赤ちゃんの発育に欠かせないものが含まれているので、是非取りたい栄養素ではあります。そのため、葉酸サプリ(このサプリメントは妊婦でも無害である)でこれらに栄養素を補っていくということは大変合理的だと思います。

それも妊娠してからではなく、妊娠する以前から摂取するべきということを、啓発していることは知識として持つべきと考えています。自身もこのサプリメントだけは当時利用すれば良かったとも思います。

それでなのですが、・・もしも、あなたが妊娠中で、葉酸サプリメントをどれにしようかなど、迷っておられるのでしたら、やはり栄養面を一番に考えるべきだと。

これは56歳のババアの戯言として聞き流してもらってもいいのですが、それでも本音です。当時は医学的にもまだ「葉酸」の重要性が認知されていなかったのですね。

時代は変わります。と有名な歌の歌詞にもございますよね。




SPONSORED LINK

フォローする