bipジムは飯田橋・田町・大塚の他にはないの?実際に痩せますか?

bipジムは飯田橋・田町・大塚の他にはございません!!

ただし、これは2019年4月7日の現在の話でございまして、今後パーソナルトレーニングジム Body Impact plannnerの規模は格段に増えていく可能性だっておおいにあるわけでございます。

ただし、ダイエット系のジムといいますのは、ほんとうに多いですからね。そしてジムに通わずとも自宅でダイエット系のなにかしらの教材とかDVD系とかですね。

または器具系とかですよね。あとはサプリとか酵素ドリンクとか。本当にダイエット系での競合は多いです。うわーと叫びだしてしまいそうなぐらい。それぐらい痩せたいという方が多いわけですよ。で、bipジムの評判は多いに良好のようですね。

ただし、これからがbipジムの今後の課題なのかもしれません。ジムの規模が増えてきますと、当然のようにしてアンチユーザーも増えていくからなのです。これってなにもダイエットジムに関してだけでもなくってですね。

どんなジャンルでも同じことがいえるわけです。




SPONSORED LINK

そこで今回はダイエットジム特集です!!

ジムに通いながらダイエットにいそしんでおられるユーザー様を今回はここで取り上げていきたいと思っております。では早速こちらからどうぞ。

男性(25歳)

ジムに月、水、金、土の週4日通って、筋トレとその後に有酸素運動としてプールで30分泳ぐを約3ヶ月行いました。比較的激しい運動を行っていたので、食事制限は特に行いませんでした。

ジムで運動する際は、スマホアプリのJETFITというアプリを使いました。このアプリには筋トレ方法が豊富に収録されており、筋トレを行う際の参考になります。初心者向けメニューもあるので、私はそれにそって週4日の筋トレを行いました。

筋トレの後は、ジムに併設されているプールで泳ぎました。水泳は小さい頃からやっていたので、クロール1500m、平泳ぎ1500mを30分で泳ぎました。休憩は挟まずずっと泳ぐことを心がけて泳ぎました。私の行っていたジムには休憩するジャグジーなどは無かったので、終わった後にシャワーを浴びて身体を温めました。

終わった後はプロテインをスプーン3杯分飲んで他にサプリメント等は飲んでいません。ダイエットは成功したと思います。

ダイエットを始める前は、身長183cm体重は100kgでした。ダイエットを初めて一ヶ月経ったときは、体重が3kg減って97kgでした。あまり体重は減らなかったですが、お腹のあたりや顔が前よりも確実に小さくなっていました。

2ヶ月目には体重が93kgになりました。この頃には筋肉がうまく使えるようになり、筋トレの質も上がってきました。また水泳も息切れが少なくなり始めた頃よりも早く泳げるようになりました。

3ヶ月目には明らかに初めよりも身体が引き締まり、体重も90kgに落ちました。泳ぎは逆に効率化したことによって、疲れにくくなったため、以前よりもカロリー消費は落ちたような気がしました。

ジムに通うことが習慣化され、今では回数は減らしていますが健康な身体に近づいていると思います。

男性(30歳)

週1回のジム通いによる有酸素運動、無酸素運動のMIXによる運動を行った。平日は仕事で帰宅が遅くなる事が多かったので、帰宅後、約10分間のスクワットを実施した。(一番大きな筋肉を鍛える事で基礎代謝を上げるため)食事については、主にタンパク質を多めにとり糖分を控える事にした。

具体的に、朝食はプロテイン、アボガド、卵料理(一品)を毎朝食べる。昼食にはお米も食べるが、ラーメンなど糖分が多いものなどドカ食いをしないように気を付けた。理想は幕内弁当のようなおかずが多いものを食べるように心掛けていた。夕食は炭水化物はなるべく避け、野菜、魚などを中心に食べていた。

また、アルコール類については、ビールは控え、ハイボールなど蒸留酒をメインで飲むようにしていた。 夏の期間に実施し、体脂肪率が約5%程度減少。(体重は筋トレにより筋肉量も増えそこまで変化はなし)見た目も、顔の輪郭がシュッとすることになり、職場でも痩せた?という印象を持たせる事に成功した。

姿勢もよくなり自信がついた。夏の期間は仕事から帰宅するだけでも汗をかくので、どうせならと思いそのままスクワットなど軽い筋トレ運動をしシャワーを浴びるルーティン作業にする事ができた。

そうする事により、無理なく継続的に続ける事ができたので軽い気持ちで取り組む事ができた事が成功に繋がった。

逆に寒い時期の冬では汗をかく事がほとんど無く、体をすぐに温めたくなり、シャワー、湯船に浸かるというルーティンに変わってしまい失敗に終わってしまった。

男性(35歳)

糖質制限とジムに通う日にステーキを食べ、筋トレと有酸素運動のダイエット方法を実践したことがある。

糖質制限は今まで自分が食べていた糖質の量を省みて摂取量が平均以上であったため、平均量と同じくらいか若しくは若干減らすようにしていた。

ジムに通う日に某チェーン店のステーキ屋でステーキを300gから450gをその日のコンデションを考えて食べる。

その際に脂身は極力カットしてもらい、トッピングもブロッコリーにチェンジし脂質を極力摂らないようにし、タンパク質を多めに摂るよう心掛けていた。

ステーキを食べ終えたら少し時間を置いてからジムに通い、筋トレと有酸素運動をした。
各曜日毎に胸、背中、下半身、肩と腕というようにターゲットとなる体の部位を変えて筋トレをし、締めに有酸素運動をした。

有酸素運動は前半ランニングと後半ウォーキングを混ぜて行った。全てのメニューを終えたら30分以内にプロテインを飲んでいた。

ダイエットというものを初めてやったがこのダイエット方法は成功であったと自信を持って言うことができる。

まず一ヵ月目はそこまで体重と体脂肪、ウェストは減っていなかった。体が変化しないことに不安を覚えていたが二ヵ月目以降から体脂肪とウェストは減っていった。

体重も少し減っていたが筋肉量が若干増えたため体重を気にすることはその時にやめた。三ヵ月目になるとウェストが107cmから97cmになっており、始めた当初からー10cmとなり大台を切ったことで大いにモチベーションがあがった。

筋肉量は若干増え、体重と体脂肪は減っていた。4ヵ月目となると体重と体脂肪の減り方が緩やかとなっていたが、体格は目に見えて変わっていた。具体的には体形が逆三角形となっており、ウェストも引き締まっていた。顔周りも二重顎が解消されていた。

女性(25歳)

週に3回ジムに通い、速筋を鍛える筋力トレーニングのダイエットを3ヶ月しました。自宅から一番近いジムにすることにより、より継続して行うように意識ました。

その他、デトックス効果を出すために、食物繊維をしっかりとるダイエットをしました。一人暮らしでは偏食となるため、飲み物に混ぜるタイプのものを使いました

週に1回程度食事をお休みする絶食をしました。元々、食べたい時、全く食べたくない時の差が激しいため、食べたくない時に合わせて絶食をしました。

さらに、消化を良くするために一口30回咀嚼することを意識しました。ゆっくり食べることにより、満腹中枢を刺激するのも目的の1つです。噛むことにより脳活性化を望みました。

ジムで筋力トレーニングダイエットは、友達と一緒にやったため、継続はしましたが、運動した分、食べても食べても全くお腹いっぱいになることができなくなり、食事量が2倍となってしまい、ダイエットには繋がりませんでした。しかし、基礎代謝の増加や体力の向上には繋がったと思います。

食物繊維ダイエットは、便がよく出るようになりました。便秘のため、便が出にくいのですが、この水溶性食物繊維の粉のおかげでお腹がすっきりしました。しかし、体重の減少は特に感じられませんでした。

絶食は、食欲がない時に合わせて行ったため、ストレスなくできました。もちろん、食べない分体重も減少しますし、便もしっかりと出てすっきりしました。噛むのもよかったですが、時間がかかるため、継続には至りませんでした。




SPONSORED LINK

フォローする