浅草のドンキホーテ近くのレトロな骨董品屋さんが私のパワースポット

女性(26歳)

浅草のドンキホーテ近くの奥まったところにある昭和レトロな骨董品屋さんが私のパワースポットです。ドンキホーテの真ん前の道の通りにあり、道の細い小道にさらに入っていくとお店があります。その空間だけ昭和に戻ったようなタイムスリップしたかのような雰囲気があります。

レトロなガラスの扉を開けるとカランコロンとドアのベルが揺れて、店内は着物、洋服、靴、バッグ、アクセサリー、楽器、骨董品など多くの古いものがあります。店内の奥には地下があり、サンドバッグや蓄音機が置いてあり少し割れたような音の昭和ミュージックが流れています。




SPONSORED LINK

昭和レトロな浅草付近の骨董品屋さんはかなりのハードボイルドな空間です。

地下だけでなく二階にも上がることができ、天井は霞んだステンドグラスでできており、女性用着物、男性用着物と分かれて置いてあります。全てが抜かりなく昭和な空間で癒されます。

心が穏やかになり、人から話しかけられるようになりました。ちょっとしたことですがありがとう、助かった、いいお天気ね、などプラスの言葉を不思議とすれ違った相手側から言われることが多くなります。

おそらく、心が穏やかになったことで表情が柔らかくなり話しかけやすそうな雰囲気で歩いているから相手もなんとなく声をかけやすくなるということなのではないかと思っています。そして声をかけられるのを皮切りにプチラッキーが次々と訪れます。

例えば信号がちょうど青になる、人気でいつも買えないパンが1つだけある、雨予報だったのに晴れた、ずっとほしかったけど高くて買えなかった靴が期間限定でセールになっているなど嬉しいことが重なっていきます。




SPONSORED LINK

フォローする